バドミントン ノウハウ

バドミントン 試合でシャトルが飛ばない時の対策

こんにちは、元バドミントンSJリーガーのばどチャンです。
 
こんなことありませんか?
 
困った子
今日のシャトル飛ばなすぎる。スマッシュ全然決まらないし、なかなか得点できない。
 
 
試合でシャトルが飛ばないことは割と多いと多います。
 
特に寒い時期になってくると、シャトルも自然と飛ばなくなっていきます。
 
そこで普段通りプレーするのではなく、シャトルが飛びにくい環境に対応したプレーをすることで勝利に近づける可能性を高めることができます。
 

バドミントン 試合でシャトルが飛ばない時の対策

 

シングルス

 
結論 相手のコート奥を攻める
 
相手のコート奥を攻めることで、相手が追い込まれた場合、後ろまでシャトルを飛ばすことが困難になります。
 
後ろまでシャトルが飛ばせないという事が分かれば、相手の球を制限させることができますよね。
 
ということは予測がしやすい。
 
追い込まれた相手の次の球を仕留める、もしくは前の繋ぎの球を狙う等、自分が有利な展開で進めることができます。
 
以下を意識してみてください。
 
・スマッシュを打てる体制からドリブンクリアーを打つ
・アタックロブを強めに打つ
・プッシュ系の球を多めに使う
 
シャトルが飛びませんのである程度強く打ってもアウトになりません。
 
且つ、強く打っているので打った瞬間の初速自体は速くなります
 
普段より相手を追い込みやすいということです。
 
追い込まれた相手はなかなか奥までの返球ができないので、そこを狙うべきです。
 
前へ繋いできた球が浮いてきた瞬間こっちのものです。
 
また、シャトルが飛ばない状況では、コート奥まで返球されていない球であれば決め切ることができる可能性が高まります。
 
自分がネット前で主導権を握り、相手を後ろ攻め出来るスタイルを作れれば、かなり効果的と言えます。
 

ダブルス

 
結論 中間より前からの攻撃を意識する
 
後ろから思いっきりスマッシュを打っても決まりませんので、中間から前より攻撃的な球だしで攻めるべきです。
 
普段よりシャトルを後ろまで返球することが難しいので、中間から攻めた時に2人で攻撃に転じて決め切ることを意識しましょう。
 
特に前衛は落とすことより、プッシュなど攻撃的な球出しが効果的と思います
 
例えば右側でパートナーが攻撃的なプッシュを打った場合、自分は相手が逃げてきた左側の球を狙うことで、仕留められる可能性が高まります。
 
プレーの中でプッシュ、ドライブ系の球を多く使用していれば相手のホームポジションも後ろになっていきますので、落とすことで更に効果的にすることもできます。
 
相手が前も意識したところで、再度攻撃的なドライブ、プッシュを打てば相手の動きも制限させることができますよね。
 

まとめ

 
バドミントンでシャトルが飛ばない時の対策について解説させて頂きました。
 
特に冬場の寒い時期はシャトルが飛ばなく、こういった状況が増えると思います。
 
普段通りのプレーでなく、その時の状況や環境に応じたプレーが勝つ上では重要です。
 
是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

-バドミントン ノウハウ

© 2021 ばどチャン Powered by AFFINGER5