スポンサーリンク

バドミントン ノウハウ

バドミントン 格上相手との戦い方【大金星をあげよう】

こんにちは、元バドミントンSJリーガーのばどチャンです。
 

こんな方におすすめ

  • 格上相手に勝ちたい!!
  • 格上相手との戦い方が知りたい!
  • シードのパックに入っちゃった。。
 
試合はやってみなければ分からないもの。
 
 
だからこそ、格上相手だからといって諦めるのではなく、試合前に戦略を練って戦うことが大切です。
 
 
私自身いわゆる『大金星』をあげることができた経験もあり、日本代表選手にも5回以上勝つことができました。
 
 
その時に共通していた状況や戦略を解説していきます。
 
 
大金星狙って行きましょう!!
 
 

バドミントン 格上相手との戦い方

 
 
私自身、大金星をあげられたときに共通していたことは以下の状況
 
 

自分

  • ノリノリ
  • がむしゃら
  • 攻めの姿勢
  • 粘り強い
  • 声をガンガン出す
 
 
 

相手

  • 序盤は様子見のプレー
  • 中盤から焦り出す
  • 普段しないようなミスをする
 
 
バドミントンは相手がいるスポーツなので、自分の調子だけで大金星をあげることは難しいです。
 
いかに相手の隙につけいるか。
 
相手をメンタル的にを焦らせることができれば、たとえ格上相手だろうと勝てる可能性は十分あると考えます。
 
そして何故か相手が一度焦ってしまえば、実力差があるように見えても割と均衡に戦えるようになるものです。
 
強くなる選手はその勝ちがきっかけで自信をつけ、どんどん強くなるケースも多いと思います。
 
格上相手との戦いはとてつもないチャンスでもあるということです。
 
では、大金星をあげるためどのように戦略的に戦うか?
 
解説していきます。
 
 
 

序盤で攻め込む

 
格上の相手は序盤からスピードを飛ばして攻めてくることが少ないです。
 
いい方は良くありませんが、少しなめてプレーしてくることもあるかもしれません。
 
 
しかし、それがチャンスです。
 
 
相手が様子見してくる隙をついて、序盤からガンガン攻め込んでいきましょう。
 
 
この時、ただ強い球を打って攻めるだけでなく、出来るだけ自分の動きのスピードをあげて攻めることが理想です。
 
 
また、不意をついたロングサーブやサーブレシーブで攻め込むのもいい戦略だと思います。
 
 
序盤で点数を取れても本領を出されると、すぐに追いつかれることもあります。
 
だからこそ2.3点リードしたからといって、休まずに貪欲に貪欲に点数をもぎとりにいくことが大切です。
 
 
相手に『やばい』と少しでも感じさせることができたら、相手にも余裕がなくなってきて何でもないところでミスをしてくれたりします。
 
 
もし、序盤で離されても諦めないでください。
 
1ゲーム目をあっさりやられた後の2ゲーム目は接戦になる割合は高いです。
(逆もしかりですが。)
 
私も1ゲーム目を3-21で落とした後、2.3ゲームで勝ったこともあります。
(3点で負ける相手にそのあと勝つのもなんだか変ですが。。笑)
 
 
1ゲームあっさり落とした後は逆に次のゲームをとるチャンスです。
 
相手の隙をつけいるために絶対に諦めてはいけません。
 
 

ガッツあるプレー

 
技術だけがバドミントンではありません。
 
ガッツあるプレーや声出しは自分を盛り上げるだけでなく、相手のメンタルを揺さぶることもできると思います。
 
ガッツがあって向かってくる相手ってなんだか厄介な気がしますよね。
 
それだけで相手のメンタルを少し揺さぶることができています。
 
そして、声を出して盛り上げることでノリノリになって、自分が驚くようないいプレーも出来ることだってあります。
 
格上相手こそ『絶対勝ってやるんだ』という強い気持ちを持って、ガッツを出して戦って欲しいと思います。
 
 

ある程度リスクを負っても仕掛ける

 
相手は格上ですから、普通にプレーするだけでは隙をつくのは難しいです。
 
ある程度リスクを負っても自分から仕掛けていくことが大切です。
 
簡単なところでいうと
 
 

シングルスの場合

  1. 相手のショートサーブをプッシュしに行く
  2. 相手のつなぎ球を狙っていく 等
 
 

ダブルスの場合

  1. ネット勝負に出る
  2. 2人で前衛に詰め込む 等
 
 
サーブやサーブレシーブからでも、簡単なところから仕掛けることもできますよね。
 
 
ただし、リスクを負うといっても不利な状況から無理に責めるのとは違います。
 
 

例えば、

後ろまでしっかり上げられているのに、無理矢理スマッシュを打つ。等

※決める前提でスマッシュを打つのではなく、つなぎ球としてのスマッシュは良いと思います。

 
仕掛けるために大切なことは、相手の球を予測してみることです。
 
ここができれば球が予測できたときに自分から仕掛けることができます。
 
相手の球を予測するコツはこちらの記事を参考にしてください。
 
 
 

最後は気持ち

 
19-19や20-20など競り合った場面で大切なのはやはり気持ち。
 
ここで弱気になってしまったらプレーも弱気になります。
 
最後はガンガン攻める気持ちが大切です。
 
気持ちでもプレーでも強気でいきましょう!
 
ここではある程度の無理矢理も仕方ないと思います。
 
球を沈めることを意識して攻撃に徹しましょう!
 
 

トーナメント大会の1.2回戦こそ大金星のチャンス

 
大番狂わせは1.2回戦で起こりやすいです。
 
私も1.2回戦で日本代表選手を倒して、いわゆる大金星をあげることができた経験があります。
 
シード選手であれ体育館や会場の雰囲気になれていなかったり、勝負どころの試合へ調整しようという考えもあるので、そこが隙になります。
 
大金星をあげるには小さな隙をどんどん突いていくことが大切。
 
シード選手と戦うからといって、楽しもうの気持ちだけではなく絶対勝つという気持ちは忘れてはいけません。
 
絶対勝つという気持ちがなければ、勝負どころで逆に自分が引いてしまうからです。
 
大金星をあげるために心と体の準備を万全にして挑みましょう。
 
 

まとめ

 
格上相手に大金星をあげるためにできる戦い方は以下4つ
 
  1. 序盤で攻め込む
  2. ガッツあるプレー
  3. ある程度リスクを負っても仕掛ける
  4. 最後は気持ち
 
そして、
 
大金星はトーナメントの1.2回戦で起こりやすいということ。
 
 
格上相手に勝利することで、あなた自身の成長も格段に早まりますし、自信もつきます。
 
 
そして次もまた勝つ、負けられないという気持ちと行動からトッププレーヤーに近づいていけるでしょう。
 
強くなるための一番の薬は試合で勝つことです。
 
格上相手との試合はどのように隙をついていくか、しっかり戦略を考えて挑むことが大切です。
 
相手のメンタルを揺さぶることができれば十分勝機は出てきます。
 
私の個人的な考えの部分もありますが、納得できる部分は参考にしていただければ幸いです。
 
今回は以上です。
 

スポンサーリンク

-バドミントン ノウハウ

© 2021 ばどチャン Powered by AFFINGER5